人生の可能性を広める速読法をマスターしよう!

速読のスキルを身に付け時間を有効活用する方法

人生の可能性を広める速読法をマスターしよう!

速読法!効果・メリット

速読法とは、

効率よく、かつ短時間で本を読む事ができるスキルの事を指します。日常で役に立つ技術のひとつなのです。

 

この技術を身につけることで、時間を有意義に使う事ができます。

例えば、

  • 読書が趣味という人であれば、それまで1日に1冊、あるいは1章までしか読めなかったという人が、2冊、3冊と読めるようになるのです。
  • どうしても資料に目を通さなくてはならないという人が、効率よく仕事ができるようにもなるでしょう。
  • 家でやらなければならない事を減らす事もできますし、自由時間の確保にも役に立ちます。

 

速読法というのは、

日常生活、仕事、そして趣味と、あらゆる時間で有効に使用できる技術と言えます。

 

一日の時間というのは、どのようなお金持ちでも、高貴な身分であっても、24時間と定められていますよね。これは絶対に覆す事のできない事実です。

 

この24時間をどう有効に使うかというのは、人生において非常に大きな意味を持ちます。

 

その役に立つのが速読法なのです。

 

能力の向上に日常生活、仕事、勉強、スポーツなど、あらゆる局面で効果を発揮する事ができる速読法をマスターしよう!

 

⇒ 今すぐ速読法をマスターしたいあなたは⇒ コチラから

速読法 記事一覧 早見表

速読のスキルを身に付け時間を有効活用する方法!記事一覧

速読法とは?身に付けると・・・

読書の頻度は、今の日本では急激に薄れてきています。活字離れが叫ばれて久しい現代社会において読書をする機会は、学生から社会人になるとなかなか現れないのが現状です。実際、社会人になると自由に使える時間はかなり制限され、趣味が読書という人でも、その読書量はだいぶ少なくなるというのが一般的ではないでしょうか...

≫続きを読む

 

速読と日本について

今、日本という国は非常に大きな活字離れの波が押し寄せています。これには明確な理由がいくつもありますが、その中でも特に大きいのは、携帯電話の普及をはじめとした娯楽の多様化です。1970年代までの日本は、娯楽といえば外で友達と遊ぶか、家で友達と遊ぶか、一人で過ごすかの3択でした。これ自体は今もほとんど変...

≫続きを読む

 

速読にも歴史がある

速読法というと、何となく現代社会が生み出した技術で、生まれたのはつい最近では?というイメージがありますよね。しかし、実際には速読法には結構長い歴史があります。そんな速読法の歴史について、少し紐解いてみましょう。速読という技術が実践されていたのは、果たして何年前からなのでしょうか?これは、はっきり言っ...

≫続きを読む

 

速読の今と昔について

速読法というのは、だいぶ昔から確立していた技術です。しかしその一方、習字などのような一定の知名度がある技術として確立しているわけではありません。速読法というのは、まだ日常に使用するスキルのひとつ、あるいは特技といった形で認識されているのが一般的です。そんな速読法ですが、知名度的にはそれほど大きな違い...

≫続きを読む

 

速読を身に付けるメリットその1、『時間』

速読法というのは、一朝一夕で身につくスキルではありません。かなりの本を読み、その中で速読を意識する事で、徐々に身になっていくのです。そこまでして速読法を身につける人が多いのは、当然ですが速読法にそれだけのメリットがあるからなのです。速読法一番のメリット!時間の短縮通常、一冊の本を読むのにかかる時間は...

≫続きを読む

 

速読を身に付けるメリットその2、『知識量』

速読法によって、読書の時間を大幅に短縮する事ができます。それはつまり、自由な時間を一日の間でより多くする事に繋がります。そしてそれは、同時に様々な事を行う事ができるようになる、という事でもあります。速読法というのは、一日の密度をより濃密にする事ができる技術なのです。そんな速読法のメリットとしては、時...

≫続きを読む

 

速読を身に付けるメリットその3、『集中力』

速読法のメリットの中には、集中力の強化というものもあります。というのも、速読法というのは、集中力が一定以上ないと発揮できない能力だからです。速読法を身につけるということは、それだけ集中力を高める必要があるのです。集中力のある人とない人の違い何事に対してもそうですが、集中力のある人とない人では、その行...

≫続きを読む

 

速読を身に付けるメリットその4、『応用』

速読法というのは、単に本を速く読む為だけの技術には留まりません。もちろん、それが一番効果を発揮する部分ではありますが、本を速く読む以外にも、様々な面で応用が可能です。速読法というのは、文章を頭の中に入れる速度、内容を理解する速度、情報を分析・解析する速度を上げるというのが基本です。これには、単純な読...

≫続きを読む

 

速読のデメリットその1 消耗

ご存知でしたか・・・?速読にもデメリットがあることを・・・速読法は、基本的にはメリットばかりの技術です。本を速く読む事ができるということは、文章を早く読む事ができ、尚且つ高い集中力を身につけた状態です。日常生活、仕事、勉強など、あらゆる局面でその効果を発揮する事ができます。ですが、そんな速読法にもデ...

≫続きを読む

 

速読のデメリットその2 依存

速読法におけるデメリットは、体力や目の消耗の他にもあります。それは、依存です。依存というのはどういうことを指すのでしょう。速読法というのは、ある程度身につけると驚くほど速く本を読む事ができます。頭の中に入ってくる活字の理解の速度も格段に増し、読書がこの上なく楽しくなってくるのです。そうなると、本を読...

≫続きを読む

 

速読法マスターの目安は文庫本一冊30分

速読法を身につける上で、まずはどの程度の速さで本を読めるようになるかという事を知っておく事は、とても重要です。速読法というものがどのようなものなのかを理解するには、まず目安となるものが必要でしょう。それを知った上で、それが今の自分とどれくらい違うのか、速読法を身につけることでどれくらい時間を短縮でき...

≫続きを読む

 

速読法の有効活用に重要なのは最初の5分

速読法における基本は、文字を読む速度そのものにあるでしょう。それが遅いと、なかなか速読法を身につけることは難しいかもしれません。その為、最初は文字を読む事そのものに対しての訓練を行う必要があります。そして同時に、速読法に必要なのは、内容を理解するスピードです。文字ばかり速く読めても、肝心の中身が頭に...

≫続きを読む

 

速読法、専門書や論文などの場合について

速読法というのは、読む本によって方法論が根本的に変わってきます。というのも、例えば物語であれば、その内容を楽しむために読むわけで、しかもそれが推理小説などの場合は、最初からしっかり順を追って読まなければ、その面白さがスポイルされる危険性が極めて高いからです。速読法は、1から10まで順番どおりに読むと...

≫続きを読む

 

速読法において流し読みの是非について

速読法において、よくその是非を問われる技術があります。それは流し読みです。通常、流し読みというのは、あまり良しとはされません。理由は単純で、内容をほとんど理解できない行為であり、時間の無駄と揶揄される事が多いからです。では、実際に速読法においては流し読みは無駄な行為なのでしょうか?答えは否。速読法に...

≫続きを読む

 

速読法、抽出作業とは?

速読法において、特に専門書や論文などで必要とされるテクニックが、抽出術です。抽出術というのは、自分にとって必要な箇所を判定し、その部分を抽出して読むという技術ですね。これは速読法において、かなり重要な技術です。速読法というのは、何も読むスピードがすべてというわけではありません。いかに速く自分の目的を...

≫続きを読む

 

情報誌や新聞などの速読法について

速読法においては、「ある一部を必要とした読書」と「すべてを読破すべき読書」と「目的が曖昧な読書」、それぞれについて異なった速読法が必要となってきます。その中にあって最も難しいのは、あるいは一番最後の「目的が曖昧な読書」の速読法なのかもしれません。では、どういった本がその曖昧なものに該当するのでしょう...

≫続きを読む

 

エッセイ、伝記などの速読法について

速読法において、最も苦労するタイプの本は、小説やエッセイです。エッセイというのは、自身の経験や感想などを書き記した文章のことです。自伝もこれに含まれます。また、伝記も近いジャンルと言えるでしょう。このエッセイというジャンルがなぜ速読法にとって難しい部類に入るのかというと、基本的にエッセイというのは読...

≫続きを読む

 

小説速読の楽しみ方

速読法最大の天敵ともいえるのが、小説です。速読法において、唯一と言っても良い、その必要性を問われる本かと思います。というのも、小説に関しては、個人的にも速読を必ずしも薦められないからです。小説というのは、物語です。物語を楽しむためには、いかにその物語に入り込むかというのが重要です。主人公に感情移入し...

≫続きを読む

 

インターネットの速読法とは?

近年は、本を読むよりも、新聞を読むよりも、インターネットやケータイの文章を閲覧する機会のほうが多い、という人が沢山いますよね。特に若年層に関しては、新聞などほとんど目を通さず、インターネットのニュースサイトで日々のでき事を確認する人が多いでしょう。他者との交流はメールがほとんどで、小説もケータイ小説...

≫続きを読む

 

ケータイの速読法とは?

今、10代〜20代の若年層が最も文章を読む機会が多いのは、恐らくダントツでケータイのメールではないでしょうか。友人同士のメールのやり取り、恋人同士のメール、あるいはメールマガジンなど、一日の大半をメールのやり取りで過ごす人もいるくらい、ケータイのメールは日本、そして世界に浸透しきっています。速読法を...

≫続きを読む

 

速読を効率良く学ぶ方法

速読法は、特別な技術ではありません。誰でも身につけることが可能です。ですが、誰でも自然に身に付くというものでもありません。速読法を学ぶには、速読法がどういった能力なのかという事をしっかりと認識し、その能力を高める為のトレーニングが必要です。そのトレーニングを実践する為には、いくつかの方法があります。...

≫続きを読む

 

速読教室の特徴、通うメリット

速読法を学ぶ上で一番確実、かつ早く身につける方法は、やはり速読を取り扱う教室に通う事でしょう。この速読法の教室というのは、習いごととほぼ同じ感覚です。パソコン教室の速読法版と考えてください。教室に通う事のメリットは、やはり講師の方が直接指導してくれるという点です。いまひとつ意味が把握できなかった時、...

≫続きを読む

 

速読の通信教育とは?

速読法の場合、教室に通いたくても通えない人は結構います。というのも、速読法の教室というのは、地方にはあまり多くないからです。中には、ひとつもないという県もあります。さすがに県をまたいでまで通うというのは、現実問題としては厳しいところです。では、そんな人はどういった方法で速読法を学ぶのかというと、通信...

≫続きを読む

 

速読の教材について

速読法において、できるだけお金をかけずに身につけたいと思っている人の場合、まず独学を試すかと思います。ですが、独学というのは限度があるもの。ある程度インターネットなどで知識を得ても、そこから先に進めない人がほとんどです。速読法というのは、ただ単に速く読めるようになれば言いというわけではありません。沢...

≫続きを読む

 

速読にコストをかけずに学ぶには?

速読法を学ぶにあたり、コストを一切かけたくないという人もいるかと思います。仕事に利用するのではなく、あくまで読書という趣味の範囲で速読法を利用したいという場合、その技術取得にそれほどコストをかけたくないのが人情というものですよね。では、実際にコストをかけないで速読法を学ぶ事は必要なのでしょうか?コス...

≫続きを読む

 

ゲームで速読法を学べるって本当なの?

速読法を学ぶ方法は、主に教室に通うか、通信教育か、教材を買うか、という3つのパターンがあります。ですが、これらの方法だと最低でも2〜3万円は掛かります。さすがに少々コストがかかりすぎますよね。もう少し抑えた金額で速読法を学ぶ方法として、ゲームというものがあります。ゲームと速読法というと、まるで結びつ...

≫続きを読む

 

速読を効率良く学ぶコツその1 「無駄を省く」方法

速読法を学ぶ場合独学であろうと教室に通おうと、あるいは通信教育や教材に頼ろうと、なかなか上手くいかないという人は少なからずいます。それは、単に速読法の素養がない、と言える事もあるでしょう。ですが、いきなりそう認識するのはさすがに早計です。速読法はセンスによる部分はあまり多くなく、どちらかといえば効率...

≫続きを読む

 

速読を効率良く学ぶコツその2 「整理はきちんと」する方法

速読法において重要なのは、本を理解する事にあります。本の中身をしっかり把握しつつ、文章を素早く読み進めて行くというのが、速読法の大きな役割です。その一方で、速読法をある程度マスターしてくると、弊害というわけではないものの、気をつけなくてはならない事がひとつ出てきます。それは、本の整理が行き届かなくな...

≫続きを読む

 

速読を効率良く学ぶコツその3 「読む」と「理解する」を同時にする方法

速読法のコツは、読むことと理解する事を同時に処理する事にあります。速読法というのは、いかに早く文章を読むか、そしていかに早く内容を理解するかという2点を同時にこなす必要がありますよね。であれば、速読法というのは、この2つをいかに効率よくトレーニングするか、そして併用するかという点こそが重要と言えます...

≫続きを読む

 

速読の具体的な応用例

速読法は、本を読むことに特化した技術と思われがちです。ですが、実際には速読法を身につけることで、様々な事に対して応用が可能となっていきます。速読法が応用可能な事項をいくつか挙げてみました。ご覧ください。まず、ビジネス関連です。仕事をしていく中で、書類を読んだり、インターネットで検索したり、あるいは自...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 速読法 高校受験勉強法 幼児教育 資格・国家資格 リンク集