負けない投資手法!日経225オプショントレードの魅力・基礎知識

日経225オプショントレードについて

少ない証拠金で何倍もの取引を行い、投資成果を上げることができる日経225オプションは、日本で現在もっとも活発に取引が行われているオプションで、1日で10万枚以上の取引が行われています。

 

一般の個人投資家の方でも、ネット証券会社などを通して、取引が比較的簡単に行うことができるため、注目されています。

 

オプショントレードには、ほかの投資にはない魅力がたくさんあります。

 

相場の上昇や下降を確実に予想しなくても良いですし、投資資金を小額から始めても、ある程度の収益が狙えます。また、さまざまな売買戦略があって、自分の進めやすい投資方法を選ぶことができます。

 

投機的にオプションを取引することができるのも事実ですが、「保険」として株の資産を守るために利用する人もいます。

 

オプションには、取引方法が幅広くあるのが特徴なのです。
日経225オプショントレードについての取引方法、注意点などの基礎知識を記載しています。
参考にしてみて頂ければ幸いです。

ピックアップPR!LAVS日経225攻略プロジェクト

負けない日経225再入門
◆レイバス投資哲学の原点◆負けない日経225再入門
相場は投資家心理が動かす。相場の不確定要因を学び、予断や期待で投資を行う投資家から脱却するためのカンフル剤です。定番ロングセラー。・・・詳細ページ

225パーフェクトデイ
LAVAS究極のデイトレードマニュアル!日経225先物で勝ち続けるための必読の書!ザラ場中の値動きをすべて獲らえるための17の手法!手にするすべての方々に、デイトレード、裁量トレードの達人となっていただくための225デイトレード・・・詳細ページ


【225ドリームワープU】
朝目覚めれば夢が一つ叶う!あなたの帰宅の電車の中さえもトレードルームに変えてしまう。携帯だけでもカンタン、日経225先物トレード。
詳細ページ

 


【225ブレイクショット】
デイトレの「王道」マニュアル!デイトレ復活プロジェクトの本命。陽線を買い、陰線を売る、デイトレードの理想を実現。至高のデイトレテクニック!
詳細ページ

225イブニングショートカウンター チャンスは夜訪れる!イブニング・セッションのメリットを最大限に活用した、短期スイングトレードの決定版!・・・詳細ページ


 

日経225オプショントレードの魅力・基礎知識記事一覧

日経225オプショントレードとは?

オプションとは、ある物を特定の日時に、特定の値段で買ったり売ったりする権利のことをいいます。オプショントレードとは、その権利を売買することを意味します。オプショントレードには、ほかの投資にはない魅力がたくさんあります。まず、相場の上昇や下降を確実に予想しなくても良いですし、投資資金を小額から始めても...

≫続きを読む

日経225オプション取引を始める前に

実際に、オプションの取引を行なうには、いくつかの点を確認しておく必要があります。まず、利益を得るためか、保険のためかなど、取引の目的を明確にしましょう。また、投資対象としての長期的な取引か、短期的に行なうのかなど、取引の仕方を決めておきましょう。オプション取引は、その知識と戦略をしっかりと身につけて...

≫続きを読む

日経225オプション取引の注意点

日経225オプション取引を行なうには、次の点に注意するようにしましょう。日経225オプションは、対象となる日経平均株価が変動するなどして、プレミアムも変動します。つまり、利益や元本が保証されている商品ではないのです。日経225オプション取引の買い手は、予想がはずれて相場が動いた場合には、支払ったプレ...

≫続きを読む

日経225オプションの種類

オプションには、基本的に、「コール・オプション」と「プット・オプション」という2つのタイプがあります。コール・オプションとは、ある物を、特定の値段で買う権利のことです。プット・オプションとは、ある物を、特定の値段で売る権利のことです。オプショントレードは、コール・オプションやプット・オプションを売買...

≫続きを読む

投資成果を上げる「日経225オプション取引」とは?

「日経225オプション取引」とは、日経平均株価を対象としている、株価指数オプション取引のことです。将来の特定日(SQ日)に、日経平均株価を「権利行使価格」という特定の価格で買ったり、売ったりする権利を取引します。日経225オプション取引の特徴まず、資金が少なくても取引をすることができます。オプション...

≫続きを読む

コール・オプションとは?

コール・オプションとは、原資産を買う権利のことです。株券が原資産の場合、「株を、ある特定の日時に、特定の価格で買う権利」がコール・オプションなのです。それでは、株券のコール・オプションについて、例を挙げて説明します。権利行使価格(コール・オプションの値段)が1000円で、プレミアム(オプションの値段...

≫続きを読む

時間価値と本質的価値について

時間価値と本質的価値とは、どのようなものかを理解するために、3つのコール・オプションを例に挙げて説明します。プット・オプションの場合は、コール・オプションの逆だと考えてください。たとえば、9月1日現在で、株価1000円の株に対し、権利行使価格が900円・1000円・1100円という期日が全て10月1...

≫続きを読む

日経225オプション取引タイム・ディケイとは?

プレミアム(オプションの価格)は、本質的価値と時間価値をプラスした価格になります。時間価値とは、将来、原資産の価格が変動することで、オプションに本質的価値が出てくるかもしれない、という期待感をもった価格といえます。オプションの期日までの期間が長くあるほど、時間価値は大きくなります。オプションの満期が...

≫続きを読む

日経225オプション取引ボラティリティとは?

オプションの価格であるプレミアムを決めるには、本質的価値と時間価値が重要な要素となります。本質的価値は、権利行使価格と原資産価格によって決まり、本質的価値をもっているのは、イン・ザ・マネーのオプションだけです。それでは、時間価値はどのようにして決まるのでしょうか?時間価値を決めるための重大な要素のこ...

≫続きを読む

日経225オプション取引ボラティリティの種類

ボラティリティには、ヒストリカル・ボラティリティとインプライド・ボラティリティという2種類があります。「ヒストリカル・ボラティリティ」とは、過去の継続的な原資産価格の変動を平均化して算出されます。「インプライド・ボラティリティ」は、オプションの最新のプレミアムを元にして算出されます。オプションでは、...

≫続きを読む

日経225オプション保険としてのプット・オプションとは?

多くの株を保有していたのに、ブラック・マンデーが突然やってきて、跡形もなく資産がなくなってしまった、という話をよく聞くと思います。そのような場合に備えて、保有している株に対して、保険を掛ける方法をプット・オプションと言います。自分が所有している株に対して、プット・オプションを買う=「ある価格で売る権...

≫続きを読む

「ストラドルの買い」で利益を得る売買戦略

オプションは、保険として利用する方法もありますが、「投機」として、積極的に利益を上げるために、オプションを買う方法もあります。オプションの買い手の損益は、最初に支払うプレミアムに限られ、潜在的に利益は無制限です。ただ、特に、アウト・オブ・ザ・マネーのオプションの買い手が利益を上げるには、短期間で予想...

≫続きを読む

日経225オプションの特徴

国内で一般の個人投資家が取引することができるオプションは、「日経225オプション」だけです。日経225指数を原資産としているオプションで、大阪証券取引所に上場されています。指数を対象としているオプションなので、実際には、物を受け渡されることはありません。権利行使は、「ヨーロピアン・タイプ」を採用して...

≫続きを読む

日経225オプション権利行使の注意点

権利行使については、注意しなければならない点があります。それは、権利行使の際、対象とする日経平均株価は、正しくは、オプション最終取引日の翌日に算出された日経平均株価であるということです。たとえば、最終取引日が9月9日の日経225オプションの場合は、それが権利行使される際に基準とされる価格は、翌日の9...

≫続きを読む

日経225オプションの売買単位

株を買う際には、購入できる最低売買単位というものがあります。株式は1株ずつ買うわけではなくて、ある程度まとめてワンセットとして買わなくてはなりません。たとえば、トヨタ自動車の場合は、株の売買単位が100株と決められているので、それ以下の株数では購入することができません。また、銘柄ごとに、何株をワンセ...

≫続きを読む

日経225オプション限月と権利行使価格について

限月とは、先物取引やオプションの満期がある月のことをいいます。たとえば、1月に満期となるオプションのことを「1月限のオプション」、2月に満期となるオプションのことを「2月限のオプション」と表現します。それらを「1月物」、「2月物」と表現されることもあります。オプションの満期日がある月において、現在の...

≫続きを読む

日経平均株価とは?

「日経平均」という言葉をよく聞くと思いますが、具体的にはそれがどのようなものかわからない人は多いと思います。「日経平均」とは正しくは「日経平均株価」といいます。日経平均株価は、日本経済新聞社が運営しており、日本の株式市場の代表とされる株価指数のことです。その歴史は50年に及び、国内外の株式市場の関係...

≫続きを読む

日経平均株価 構成銘柄の入れ替え

日経平均株価は、東京証券取引所の1部に上場する銘柄のうち、日本の株式市場の代表とされる225銘柄が選ばれ、それによって算出されています。その225銘柄の採用と除外は、専門家や学識経験者の意見を踏まえたうえで、日本経済新聞社が選出し発表します。定期的に見直されたり、突然の理由によって不定期に見直す必要...

≫続きを読む

デリバティブ取引の歴史

日経225オプション取引は、日経平均株価を原資産としているオプション取引で、大阪証券取引所に上場されています。日経225先物取引と並び、日本の代表とされるデリバティブ取引で、現在国内で最も活発に取引が行なわれているオプション取引です。世界で始めてデリバティブ取引を行なったのは、日本だといわれています...

≫続きを読む

さまざまなオプション戦略

満期日までオプションを保有する場合、満期日にいかにして最大利益を得られるポジションを組み立てるか、ということが投資目的となります。基本のオプション戦略パターンは、コールの買いと売り、プットの買いと売り、という4パターンです。この基本の4パターンを組み合わせることによって、さまざまな戦略パターンがつく...

≫続きを読む

日経225オプション強気のストラテジーとは?

日経225オプション取引では、コール・オプションとプット・オプションを組み合わせたり、権利行使価格がそれぞれ異なるオプションを組み合わせたりすることで、相場の状況に合った多岐に渡る戦略(ストラテジー)を立てることができます。この戦略は、今後、日経平均株価がどのように動くかを予想することによって、戦略...

≫続きを読む

日経225オプション弱気のストラテジーとは?

日経225オプション取引の売買戦略(ストラテジー)には、日経平均が下落すると有利となる「シンセティック・ショート」と 「ベア・スプレッド」という「弱気のストラテジー」があります。「シンセティック・ショート」とは、限月が同じプットを買って、コールを売ることによって、先物取引の売りに近いポジションをつく...

≫続きを読む

日経225オプション相場安定時の戦略とは?

相場の安定が予想される場合には、「ショート・ストラドル」と「ロング・バタフライ」という戦略を立てます。これらの戦略は、日経平均株価がこう着状態になると利益が得られます。「ショート・ストラドル」は、今後、日経平均株価が、こう着状態になると予想される場合、最もその価格に近い、同じ限月の権利行使価格のコー...

≫続きを読む

日経225オプション中立のストラテジーとは?

日経225オプション取引の最もスタンダードな戦略は、「ショート・ストラングル」です。この戦略は、日経平均株価がもみ合いとなり、小動きになった場合に有利となる「中立のストラテジー」です。ショート・ストラングは、高い権利行使価格のコールと、低い権利行使価格のプットを売るという戦略です。2種類の権利行使価...

≫続きを読む

日経225オプション波乱のストラテジーとは?

大きく日経平均株価が動いた場合に有利となる「波乱のストラテジー」には、「ロング・ストラドル」と「ショート・バタフライ」があります。「ロング・ストラドル」は、今後、日経平均株価が大きく動くだろうと予想されるとき、最もその価格に近い、限月の同じ権利行使価格のコールとプットを買うという戦略です。この戦略は...

≫続きを読む

オプション取引口座の仕組み

日経225オプションを取引するには、証券会社を通じて、株取引用の総合口座を作って、オプション用の取引口座を別途開設するのがほとんどです。日経225オプション取引は、「証拠金取引」とされるので、投資家はオプション取引口座に必要な証拠金を入金してから取引を行います。証拠金は、新規にオプションを売る場合に...

≫続きを読む

日経225オプション取引口座開設の仕方

証券会社によって多少違ってきますが、オプション用の取引口座を開設して、実際に取引を始めるには、次のような手順になります。まず、証券会社のホームページにアクセスして、現物口座を開設するための申込書を請求します。申込書が送られてきたら、必要事項を記入して返送します。そして、口座開設の手続きが完了したら、...

≫続きを読む

日経225オプション取引口座証券会社の選び方

日経225オプション取引を始めるために、自分で口座を実際に開設しようとすると、何十社もあるインターネット証券会社の中から、どのようなことを基準にして、選択すれば良いのか悩むと思います。オプショントレードを目的としているのなら、オプションを取り扱っていない証券会社は、当然除外されます。これで、20社程...

≫続きを読む


TOPページ 日経225攻略 株式投資力向上 FX攻略 リンク集